デントリペアでヘコミ修理 トラストデント千葉佐倉店

車のへこみ修理の【デントリペア】をしています。 新車時の最高品質の塗装を残したままヘコミ修理ができるのがデントリペアの最大の利点です。さらに料金もリーズナブル! 気になるヘコミは板金塗装する前にご相談ください。 当店へは千葉北または四街道インターから約5キロです。

トヨタ プリウスα アルミボンネットのデントリペア 八千代市より

お車のへこみ修理のデントリペアは当店にお任せください。

デントリペア修理事例は トヨタ プリウスα です。

【写真をクリックするとアップになります】
ガンメタリックのようなグレーのプリウスワゴン。とてもきれいでした。
priusαhood7

そんなプリウスαにできてしまったへこみはボンネットの中央部にありました。
priusαhood1

遠めに見てもわかるへこみが二つ。
アルミ製ボンネットフードの中央部で前よりは非常にやばい予感です。
補強が複雑に入っている上、さらにリペアツールが入る穴が極端に少ないんです。
そして立体的な3Dデザインにより谷になっている場所にツールが当たって入らなかったり・・・
特にプリウスαに関しては非常に大変だったりします。
priusαhood2

左側の大きなへこみをご紹介します。
かなり深めにできていて大きめです。アルミでこの深さは正直なかなか手ごわいです。
priusαhood3

リフレクターボードでも確認していきます。
かなり渦が深いです。
priusαhood4

修理後です。
色々弱音を吐いてしまいましたが、何とかするしかありません。
実際かなり苦戦しました・・・。が、もちろんきれいに元通りです。
景色で確認していきます。
priusαhood5

リフレクターボードで確認していきます。
写り込んだ線がしっかりと揃っていますね。
priusαhood6

3D形状のボンネットなのでいろいろな方向から対象物を映しこみ、違和感がないことを確認します。
アルミ製パネルの場合、深いへこみはアルミ特有のしわが入ることがあります。
今回も多少のしわは入りましたが、探して探してやっと、これかな?という程度で納まりました。
鉄板自体の歪みがしっかりと取れているので、日常お使いいただくには全く気にならないと思います。

プリウスのお客様ご依頼ご来店誠にありがとうございました。

トラストデント千葉佐倉店
http://www.tdg-sakura.com/
千葉県佐倉市下志津原97
043-489-9159
ディーラー様等への出張作業で外出していることが多い為、ご来店の際は事前にご連絡ください。

BMW3シリーズF30 ドアのデントリペア 佐倉市より

お車のへこみ修理のデントリペアは当店にお任せください。

デントリペア修理事例は F30 BMW アクティブハイブリット3 です。

【写真をクリックするとアップになります】
希少カラーのBMWのグレーメタリック。重厚感がありかっこいいです!F30bmwfldoor6

ピカピカなBMWのへこみは左のフロントドアにありました。
駐車場で隣の車のドアを当てられてしまったようです。
F30bmwfldoor1

ドアの縁ぎりぎりです。
もう少しリアドア寄りだとヘミング部に入るので修理不可になってしまう場所でした。
縁の近くはパネルが抑えられている為に、へこみは深くなることが多いです。
今回も深めのへこみです。
F30bmwfldoor2

リフレクターボードでも確認していきます。
かなり渦巻きが深いですね。
F30bmwfldoor3

修理後です。
景色で確認していきます。
塗膜が潰れたような傷は残っていますが、ほぼ目立たない程度ですので、コーティングを残すために今回は磨きは入れませんでした。
F30bmwfldoor4

最後にリフレクターボードで確認します。
F30bmwfldoor5

塗装肌の違和感がないことと、鉄板の歪みがしっかりと取れていることを確認して作業終了です。

.BMWのお客様本当にありがとうございました。
F30bmwfldoor7

トラストデント千葉佐倉店
http://www.tdg-sakura.com/
千葉県佐倉市下志津原97
043-489-9159
ディーラー様等への出張作業で外出していることが多い為、ご来店の際は事前にご連絡ください。

ボルボV40 ドアのデントリペア 印西市より

お車のへこみ修理のデントリペアは当店にお任せください。

デントリペア修理事例は ボルボV40 です。

【写真をクリックするとアップになります】
新車で購入されてから数千キロのお車でした。やっぱり欧州車はいいですね!
fld13

そんなボルボにできてしまったのは左のフロントドアでした。
fld03

ドア上部から下部までにわたる大きなへこみ。
fld01

傷を伴った深いへこみでした。
駐車場にとめておいて当て逃げされてしまったそうです。
ひどすぎますね・・・
ディーラー様ではドア交換修理のお見積もりで数十万円だったそうです。

ドア上部のへこみがこちらです。
くっきりとした深いへこみです。上側に大きなたわみができています。
fld05

リフレクターボードで確認します。
渦巻きが非常にきつく見えますね。
fld06

ドア下部のへこみがこちら。
写真ではわかりにくいですが、内部の補強材に押し付けられた形がくっきりと出ていました。
こういった状態のへこみは裏側に補強があるのが確実なので、修復に時間がかかります。
fld02

へこみの下部に線が不自然な形で写り込んできますね。
激しく出っ張りができてしまっている状態です。
fld07

今回は2つのへこみともに深く、鉄板が伸びています。
この状況で歪みを取り、塗装肌をあわせていくのは非常に難しい作業です。
技術的な話になるのですが、伸びている鉄板の面積を小さくし元の形にしていくのは下のイメージのような作業が必要です。
figure
スプーンのような平らなものでへこみを押し上げるのではなく、点で押し上げることで鉄板を縮ませていきます。
鉄板をギザギザさせていきます。ただ、表面には塗装の厚みがあるので表面がギザギザすることはありません。
しかし、激しく伸びてしまったへこみは、塗装肌をあわせながらリペアしていくと縮ませきれずに、蚊に刺されてしまったようにふんわりと出っ張りとなります。
簡単に言えば、表面の塗装肌は多少崩れてしまいますが、そこまですれば限界を超えたものもさらに絞り込むことが可能ということです。しかし確実に違和感は残ります。

今回のへこみに関しては鉄板も塗装も分厚い欧州車なので、きれいに修復することができると判断して修理させて頂きました。
国産車では歪みが残るか、塗装肌を荒らして納めるかという状態になるかと思いますのでお勧めはできません。


修理後です。
ドア上部から見ていきます。
磨きを入れても一部深い傷が残りました。
鉄板の歪みはしっかりと取れていますので、探さないと傷は見つかることはないと思います。
fld11

線がしっかりと揃っていますね。
fld12

ドア下部がこちら。
激しく突き出した状態を戻すのに時間がかかりましたが、きれいに元通りです。
fld08

写り込んでいる線がきれいですね。
fld09

ボルボのオーナー様ご依頼誠にありがとうございました。
fld14

トラストデント千葉佐倉店
http://www.tdg-sakura.com/
千葉県佐倉市下志津原97
043-489-9159
ディーラー様等への出張作業で外出していることが多い為、ご来店の際は事前にご連絡ください。
カードご利用できます
以下のクレジットカードがご利用可能です
クレジットカードも使えます
ディーラー様からの声
大規模雹害災害時のものです
個人のお店は技術が不安で…という方必見です!!
トヨペットさん、ホンダさんからのコメント紹介です。ページ後半にありますのでスクロールしてください!!
もっと施工例が見たい♪
このBlog Topへ
ヘコミ修理はお任せ!千葉県千葉市のデントリペア専門店の写真
TDG-Headquarters
トラストデント本部の写真
TDG-Kamagaya-修復例
トラストデント千葉鎌ヶ谷店の写真
TDG-Utsunomiya-修復例
トラストデント栃木宇都宮店の写真
TDG-Okayama-修復例
トラストデント岡山店の写真
リペア日記
携帯用サイトはこちら
QRコード