千葉のデントリペアプロショップ
トラストデント千葉佐倉店です

デントリペアとは、パテ入れ再塗装せずに車にできたヘコミを修理する技術です。
①仕上がりは誰が見てもどこにへこみがあったかわからない状態まできれいにパネルを復元します。
②修理時間は30分~数時間程度で終わります
③費用は通常の鈑金塗装の1/3から半額程度です。
デントリペアで修理可能なヘコミはデントリペアでの修理が最高の修理方法だと私は思います!

今回のヘコミはフロントフェンダーのプレスライン上のヘコミです。
少しグリッとプレスラインがへこんでいますが当店にお任せください。
そのヘコミなかったことにします!

デントリペア修理事例はトヨタ サイです。

【写真をクリックするとアップになります】
新車の香りがするピカピカのお車でした。
sai7
ヘコミは左フロントフェンダーにありました。
sai1
アップで見てみます。
sai2
プレスラインが完全に潰れてしまっています。こういった場合の修理は通常のヘコミ修理と異なり難易度が高くなります。
ヘコミの底に若干の傷が入っていました。へこんでいるときは傷は目立ちませんが、ヘコミが直ると傷が開き目立ってくることがよくあります。浅い傷であれば施工後に磨いて消すこともできますが、コーティングも落ちてしまいます。施工前にお客様とお話して施工の方法を決めていきます。

シマシマボードで確認してみます。
sai3
ヘコミの上下に大きくひずみが出てしまっています。
線の幅が周りと違う違和感がある場所がひずんでいる範囲です。


では施工後です。
まずは景色を映して確認します。うつり込みにおかしな場所がないかを何度も確認します。
特にプレスラインがへこんでいた場合はプレスラインがしっかりと復元されていて『ゆがみ』がないかを念入りに確認します。
sai4
アップで見てみます。
近くで見ることで塗装表面の肌荒れがないかを確認します。
sai5
今回は傷を落とすためにコンパウンドで磨きをかけました。塗装本来のゆず肌が無くならない程度に表面を少しだけ磨きます。
ときどきゆず肌がツルツルに無くなってしまっているデントリペア痕を見かけることがあります。しっかりとした技術がなく施工跡を誤魔化すためにペーパーやすりを当ててツルツルに砥いでしまっているのです。

最後にシマシマボードで違和感がないかを確認します。
もちろんお客様と一緒に見て頂きます。
仕上がりを誤魔化すことはしません。
sai6
サイのお客様ありがとうございました。

おかげさまで週末のご予約が難しくなっております。
週末をご希望のお客様は余裕をもってご予約いただければと思います。
よろしくお願いします。

他店で断られてしまったへこみも諦めずにご相談ください。

トラストデント千葉佐倉店
http://www.tdg-sakura.com/
千葉県佐倉市下志津原97
043-489-9159
ディーラー様等への出張作業で外出していることが多い為、ご来店の際は事前にご連絡ください。