お車のへこみ修理のデントリペアは当店にお任せください。

デントリペア修理事例は フォルクスワーゲン アップ です。

【写真をクリックするとアップになります】
かわいい色のワーゲンですね。
ワーゲンが当店の輸入車での修理台数が一番多いです。
vwupfdr1

ワーゲンのへこみは左のフロントドアにありました。
vwupfdr7

遠くから見てもわかる強烈なへこみ・・・
強風の日に自転車が倒れて当たってしまったそうです。
vwupfdr8

塗装が潰れるほどの傷を伴う深く鋭利なへこみです。
vwupfdr2

リフレクターボードでも見てみます。
へこみの部分に写り込んだ線が渦巻き状にきつく巻いてます。
vwupfdr3

今回のへこみはきっちりと修理できるかぎりぎりのへこみです。
深く鋭利にへこむことで鉄板が伸ばされてしまっています。
鉄板が伸びてしまうことで面積が余り、裏側から押して修理しても、部分的にたんこぶの様にふくれてしまいます。
デントリペアでは伸びて余った鉄板をどのように縮めて元の形に戻していくのかが最大の腕の見せ所になると思います。
もちろん限界を超えてしまった場合はどうすることもできませんが、経験と技術によって限界値が高くなります。
車種やへこみの形状を見て、今回のケースはきっちりと修復できると判断しました。

修理後です。
まずは景色を映しこんで確認していきます。
残念ながらへこみの中心部の塗装の傷は残っていますが、鉄板のゆがみはきれいに取り除いています。
へこみがなくなり、ゆがみもなくなることで傷は目立ちにくくなります。
かなり探して、やっと見つかるといった感じです。
傷さえなければ元のへこみの場所は特定できません。
vwupfdr4

最後にリフレクターボードで確認します。
一部傷の場所が線がちらつくのがわかりますか?
傷の場所以外は線がきれいに揃っていますね。
塗装肌の荒れなどないかを確認して作業完了です。
vwupfdr5

鉄板が伸びてしまっているへこみは、鉄板のゆがみの除去と塗装肌を合わせるのが非常に難しくなります。
何度も何度も微調整を繰り返していき、違和感がなくなるまで作業をします。
きれいに元通りになりホット一安心です。

ワーゲンのお客様ご依頼誠にありがとうございました。

トラストデント千葉佐倉店
http://www.tdg-sakura.com/
千葉県佐倉市下志津原97
043-489-9159
ディーラー様等への出張作業で外出していることが多い為、ご来店の際は事前にご連絡ください。