お車のへこみ修理のデントリペアは専門店の当店にお任せください。

デントリペア修理事例は レクサス HS250h です。

【写真をクリックするとアップになります】
とてもお車が好きなオーナー様でした。
色々な楽しいお話させて頂きました。やっぱりレクサスいいですね!
hslfender6

レクサスのへこみは左フロントフェンダー前よりのフェンダーアーチのプレスライン上にありました。
hslfender1

大きな力で斜め前から押し込まれてしまったようなへこみ方で、硬いプレスラインの形がなくなっていました。
hslfender3

リフレクターボードを使用して確認していきます。
プレスラインが潰れ、ラインの下側にまで影響が出てゆがみが広がってしまっていることがわかります。
hslfender2
一見ふんわりしたへこみに見えますが、このようなへこみはちょっと手ごわかったりします。
非常に硬いプレスラインと、そこから逆アールになっていて立体的なデザインになっています。
リペア後の確認も慎重にしないと歪みを見落としやすい場所です。
リフレクターボードを使用しての確認は必須です。


修理後です。
斜めに大きく傷が入っています。ここが元のへこみの中心です。
しっかりとゆがみを取っていますので、遠くの景色を映しこんで斜に見ても傷は目立ちません。
正面から見て、やっと傷を見つけられる程度です。
全体の塗装肌も違和感がないことを確認します。
hslfender4

最後にリフレクターボードで確認します。
傷の場所は少し線がちらつきます。へこみのあった場所の線はしっかりと揃っています。
元のへこみの左側に大きく線の太さが違って見えるところがあります。
これは立体的なデザインの元からのゆがみです。修理中には反対側の右側フェンダーも見て、同じようになるようバランス見て修理していきます。
左右のパネルを見て違和感がないことを確認し、作業完了です。
hslfender5

レクサスのお客様ありがとうございました。

トラストデント千葉佐倉店
http://www.tdg-sakura.com/
千葉県佐倉市下志津原97
043-489-9159
ディーラー様等への出張作業で外出していることが多い為、ご来店の際は事前にご連絡下さい。