デントリペアでヘコミ修理 トラストデント千葉佐倉店

車のへこみ修理の【デントリペア】をしています。 新車時の最高品質の塗装を残したままヘコミ修理ができるのがデントリペアの最大の利点です。さらに料金もリーズナブル! 気になるヘコミは板金塗装する前にご相談ください。 当店へは千葉北または四街道インターから約5キロです。

クォーターパネル

RX-8 リペアツールが入らない場所のへこみもデントリペアで修理できます。千葉 成田より

千葉のデントリペアプロショップ
トラストデント千葉佐倉店です。

最近の猛暑でバテ気味の方も多いかと思います。
猛暑でも当店は元気に営業しております。
施工中はクーラーの効いている待合室でお待ちいただけますのでご安心ください。
もちろん無料の代車もございます。

さて、デントリペアとは、お車にできてしまったヘコミを鉄板の裏側から押して直す修理方法です。
小さな気になるヘコミが安く数時間で修理できるんです!
もっともっと詳しくデントリペアを知りたい方はこちらをご覧ください。
http://www.tdg-sakura.com/tdg-about.html

今回のデントリペア施工例はマツダ RX-8です。

【写真をクリックするとアップになります】
1













へこみは左リアクォーターパネルの一番前の方にありました。
5













ヘコミの場所が・・・。
ほとんどのお車でこの場所はリペアツールが入らないんです。
2














アップで見てみます。
3













シマシマボードで確認します。
ヘコミの部分は線がゆがんでいるので簡単にチェックできますね。。4















では施工後です。
ツールが入らなくてもヘコミ修理できるの??と思いますよね。
修理することは可能です。
6













シマシマボードで確認してみます。
全く問題ないクオリティーです。
7













遠くからRX-8のお客様本当にありがとうございました。

デントリペアは基本的には鉄板を裏側から押して修理します。
ただ今回のように全くツールが入らない場所にヘコミができてしまうこともあります。
そんな時にはヘコミ表面にツールを張り付けて引張る「プーリング工法」で修理を行います。
簡単そうな気がしますが、普通に押して直すよりも数段難しく、技術と経験が必要とされます。
当店では雹被害にあった車の修理にも参加しております。
http://tdgsakura.doorblog.jp/archives/51337764.html
雹が降った場合、車の全てのパネルにヘコミができるため「プーリング工法」が多用されます。
当店は数千回のプーリングでの雹害車修理経験がありますのでご安心ください。
他店でお断りされてしまった場合にも諦めずにご相談ください。

トラストデント千葉佐倉店
http://www.tdg-sakura.com/
千葉県佐倉市下志津原97
043-489-9159
ディーラー様等への出張作業で外出していることが多い為、ご来店の際は事前にご連絡ください。

こんなヘコミこそデントリペアがお勧めです。千葉 四街道 トヨタ エスティマ リアフェンダー

千葉の車のへこみ修理のデントリペアプロショップ
トラストデント千葉佐倉店の坂井です。

愛車の気になるへこみのお悩み解消は当店にお任せください!

小さな凹みはデントリペアが絶対お得です。
デントリペアは新車時の塗装はそのままで、板金塗装せずにお車のへこみを修理します。

今回の施工例はトヨタ エスティマです。
エスティマ

へこみはクォーターパネルにありました。
今回のヘコミはツールのアクセスがよい場所です。
もう少し後ろ側のほうになると少し難しくなってきます。
DSC_0011

①施工前の景色でのへこみの確認

きれいなパールホワイトのお車にへこみが目立ちます。

DSC_0010

②施工前のヘコミ確認専用のボードを用いてのへこみの確認と施工前のご説明

お客様にもご一緒に見ていただき、凹みの状態、大きさを確認します。
ここでデントリペア施工前のご説明をしっかりとさせていただきます。
お客様がご納得いくまでお話しして、それからの施工になります。
DSC_0013

③お客様の大切なお車をお預かりし、デントリペアで修復します。


では施工後です。


④施工後の景色での確認

お客様とご一緒に遠くの景色をうつし、違和感がないことを確認します。
DSC_0016

別角度でもう一枚です。
DSC_0024

⑤施工後の専用のボードでの確認

お客様とご一緒にしっかりとボードの線が揃っていることを確認します。
専用のボードを用いることで、少しの異変でも見落とさず、確認することができます。
DSC_0020

ご依頼ありがとうございました。

今回のお客様はウェブサイトを見てしっかりした技術を感じ、ご来店して頂いたとのことでした。
大変うれしいです。
トラストデントの技術で本物のデントリペアの仕上がりで少しでも多くのお客様にご満足いただければと思います。
本当にありがとうございました。


へこみ修理は最新技術のトラストデントリペアにお任せください。
トラストデントリペアは鉄板の歪みを最小限まで取り除きますので、へこみの修復場所は全くわからなくなる修理方法です。

また当店では、デントリペアで修理できない場合でも、信頼できる板金工場と提携していますので、板金塗装もお安くご提供させていただきます。

小さなへこみから板金塗装まで、愛車をぶつけてしまった時はトラストデント千葉佐倉店へお気軽にお問い合わせください!!


トラストデント千葉佐倉店
千葉県佐倉市下志津原97
http://www.tdg-sakura.com/
043-489-9159

ブログランキング参加してます。
ワンクリックお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

トラストデント公式サイト

デントリペア 千葉 若葉区 トヨタ bb リアフェンダー プレスライン ドアパンチ へこみ修理

千葉の車のへこみ修理のデントリペアプロショップ
トラストデント千葉佐倉店の坂井です。

デントリペアとは鈑金塗装せずにお車のヘコミを修復する技術です。
気になるヘコミがあるけど板金塗装は高いからなぁ。という方に是非お勧めです。

今回の施工例はトヨタ bbです。
ヘコミは右クォーターパネルのフェンダーアーチのプレスライン上にありました。
先日の強風のときにドアをぶつけられてしまったそうです。

DSC_0020



①施工前の景色でのへこみの確認
プレスラインが深く凹んでしまっています。

DSC_0022



②施工前のヘコミ確認専用のボードを用いてのへこみの確認と施工前のご説明

お客様にもご一緒に見ていただき、凹みの状態、大きさを確認します。
ここでデントリペア施工前のご説明をしっかりとさせていただきます。
お客様がご納得いくまでお話しして、それからの施工になります。

DSC_0024




③お客様の大切なお車をお預かりし、デントリペアで修復します。


では施工後です。


④施工後の景色での確認

お客様とご一緒に遠くの景色をうつし、違和感がないことを確認します。
今回は中心部に傷がありましたが、しっかりと歪みを取ることで目立たなくなりました。
施工終了後タッチアップで仕上げます。

DSC_0026



⑤施工後の専用のボードでの確認

お客様とご一緒にしっかりとボードの線が揃っていることを確認します。
プレスライン下のほうに傷があったところが一部だけ線が飛んでいるのがわかるでしょうか?

DSC_0029



デントリペアのご依頼ありがとうございました。

今回は傷があるヘコミの修理でした。

小さな傷なら、鈑金塗装せずに、タッチアップで仕上げる方法もあります。

塗装や、傷の状態によっては、リペア中に塗装の割れが広がる可能性もあります。

ヘコミを見て最善の修理方法をご提案させていただきます。お気軽にご相談ください。


プレスラインのへこみ修理は最新技術のトラストデントリペアにお任せください。

トラストデントリペアは鉄板の歪みを最小限まで取り除きますので、へこみの修復場所は全くわからなくなる修理方法です。

愛車をぶつけてしまった時はトラストデントへお問い合わせください!!


トラストデント千葉佐倉店
千葉県佐倉市下志津原97
http://www.tdg-sakura.com/
043-489-9159

ブログランキング参加してます。
ワンクリックお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

トラストデント公式サイト


デントリペア 千葉 美浜区 ミツビシ アウトランダー リアフェンダー プレスライン へこみ修理

千葉の車のへこみ修理のデントリペアプロショップ
トラストデント千葉佐倉店の坂井です。

デントリペアとは鈑金塗装せずにお車のヘコミを修復する技術です。
気になるヘコミがあるけど板金塗装は高いからなぁ。という方に是非お勧めです。

今回の施工例はミツビシ アウトランダーです。
ヘコミは左クォーターパネルのプレスライン上の給油口の前側にありました。

DSC_0029




①施工前の景色でのへこみの確認
プレスラインが凹んでいます。

DSC_0031




②施工前のヘコミ確認専用のボードを用いてのへこみの確認と施工前のご説明

お客様にもご一緒に見ていただき、凹みの状態、大きさを確認します。
ここでデントリペア施工前のご説明をしっかりとさせていただきます。
お客様がご納得いくまでお話しして、それからの施工になります。

DSC_0035




③お客様の大切なお車をお預かりし、デントリペアで修復します。


では施工後です。


④施工後の景色での確認

お客様とご一緒に遠くの景色をうつし、違和感がないことを確認します。

DSC_0040




⑤施工後の専用のボードでの確認

お客様とご一緒にしっかりとボードの線が揃っていることを確認します。

DSC_0039


デントリペアのご依頼ありがとうございました。

今回のヘコミの場所は給油口の近くでしたが、全く問題なく仕上がっています。

給油口の周辺は車種によっては構造上、給油口のくぼんでいるボックスにより施工ができないこともあります。


プレスラインのへこみ修理は最新技術のトラストデントリペアにお任せください。

トラストデントリペアは鉄板の歪みを最小限まで取り除きますので、へこみの修復場所は全くわからなくなる修理方法です。

愛車をぶつけてしまった時はトラストデントへお問い合わせください!!


トラストデント千葉佐倉店
千葉県佐倉市下志津原97
http://www.tdg-sakura.com/
043-489-9159

ブログランキング参加してます。
ワンクリックお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

トラストデント公式サイト


デントリペア 千葉 市原 マツダ スクラム リアフェンダー プレスライン ヘコミ修理

千葉の車のへこみ修理のデントリペアプロショップ
トラストデント千葉佐倉店の坂井です。

デントリペアとは鈑金塗装せずにお車のヘコミを修復する技術です。
気になるヘコミがあるけど板金塗装は高いからなぁ。という方に是非お勧めです。

今回はマツダ スクラムです。

ヘコミの場所は右リアクォーターパネルです。
sc1

プレスラインにかけてガッツリなヘコミです。
sc2

ヘコミ確認専用のボードを用いることにより、凹みの状態、大きさを確認します。
お客様にも一緒に見ていただき、施工前のご説明をしっかりとさせていただきます。
sc3


では施工後です。
DSC_0014

専用のボードで確認しますがしっかりと線が揃っています。
DSC_0016

プレスラインの上側がなんだか変だなと思った方もいらっしゃるかと思いますが…
反対側の左のパネルも見てみましょう。
DSC_0017

同じように歪んでいることが確認できますね。
左右で同じ形に揃えてリペアすることで新車時のパネルの形を再現していきます。

プレスラインのへこみ修理は最新技術のトラストデントリペアにお任せください。

トラストデントリペアは鉄板の歪みを最小限まで取り除きますので、へこみの修復場所は全くわからなくなる修理方法です。

もちろん従来型デントリペアも取り扱っています。


愛車をぶつけてしまった時はトラストデントへお問い合わせください!!

トラストデント千葉佐倉店 代表 坂井

トラストデント公式サイト


トラストデント千葉佐倉店ページはこちら

ブログランキング参加してます。
ワンクリックお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

カードご利用できます
クレジットカードも使えます
ディーラー様からの声
大規模雹害災害時のものです
個人のお店は技術が不安で…という方必見です!!
トヨペットさん、ホンダさんからのコメント紹介です。ページ後半にありますのでスクロールしてください!!
もっと施工例が見たい♪
このBlog Topへ
ヘコミ修理はお任せ!千葉県千葉市のデントリペア専門店の写真
TDG-Headquarters
トラストデント本部の写真
TDG-Utsunomiya-修復例
トラストデント栃木宇都宮店の写真
TDG-Okayama-修復例
トラストデント岡山店の写真
リペア日記
携帯用サイトはこちら
QRコード