デントリペアでヘコミ修理 トラストデント千葉佐倉店

車のへこみ修理の【デントリペア】をしています。 新車時の最高品質の塗装を残したままヘコミ修理ができるのがデントリペアの最大の利点です。さらに料金もリーズナブル! 気になるヘコミは板金塗装する前にご相談ください。 当店へは千葉北または四街道インターから約5キロです。

へこみ修理

マツダ アテンザ フロントフェンダーのデントリペア 千葉より

お車のへこみ修理のデントリペアは当店にお任せください。

デントリペア修理事例は マツダ アテンザワゴン です。

【写真をクリックするとアップになります】
きりっとしたマツダデザイン。とてもかっこいいです!
atenzalfender6

へこみは左のフロントフェンダーにありました。
atenzalfender1

なかなか大きなへこみです。手のひら2つ分ほどの歪みがでています。
atenzalfender2

へこみ確認用のリフレクターボードでも確認します。
へこみの上部にたわみができ、下部はアーチのプレスラインが倒れていることがわかります。
ここまで全体的にプレスラインが倒れると修理はなかなか難しいです。
焦らずに時間をかけてきっちりと丁寧に修復していきます。
atenzalfender3

修理後です。
きれいな立体的な流れるようなデザインが復活です。
全く問題なく歪みがとれて自然に仕上がっています。
写り込んだ線がゆがんで見えるのはRと逆Rの境目の場所です。
atenzalfender4

リフレクターボードで確認することでさらに仕上がりの精度を確認していきます。
1つ前の写真でゆがんで見えるRと逆Rの場所わかりますでしょうか?
新車時からのプレスのデザインですね。
迷ったときは反対側のパネルを見比べて修復していきます。
もちろん、塗装のゆず肌の崩れていないことも確認します。
atenzalfender5

通常であれば交換修理となる大きなへこみもきれいに元通りになりました。

アテンザのお客様、当店を信頼して頂き誠にありがとうございました。
atenzalfender7


トラストデント千葉佐倉店
http://www.tdg-sakura.com/
千葉県佐倉市下志津原97
043-489-9159
ディーラー様等への出張作業で外出していることが多い為、ご来店の際は事前にご連絡ください。

ボルボV40 ドアのデントリペア 印西市より

お車のへこみ修理のデントリペアは当店にお任せください。

デントリペア修理事例は ボルボV40 です。

【写真をクリックするとアップになります】
新車で購入されてから数千キロのお車でした。やっぱり欧州車はいいですね!
fld13

そんなボルボにできてしまったのは左のフロントドアでした。
fld03

ドア上部から下部までにわたる大きなへこみ。
fld01

傷を伴った深いへこみでした。
駐車場にとめておいて当て逃げされてしまったそうです。
ひどすぎますね・・・
ディーラー様ではドア交換修理のお見積もりで数十万円だったそうです。

ドア上部のへこみがこちらです。
くっきりとした深いへこみです。上側に大きなたわみができています。
fld05

リフレクターボードで確認します。
渦巻きが非常にきつく見えますね。
fld06

ドア下部のへこみがこちら。
写真ではわかりにくいですが、内部の補強材に押し付けられた形がくっきりと出ていました。
こういった状態のへこみは裏側に補強があるのが確実なので、修復に時間がかかります。
fld02

へこみの下部に線が不自然な形で写り込んできますね。
激しく出っ張りができてしまっている状態です。
fld07

今回は2つのへこみともに深く、鉄板が伸びています。
この状況で歪みを取り、塗装肌をあわせていくのは非常に難しい作業です。
技術的な話になるのですが、伸びている鉄板の面積を小さくし元の形にしていくのは下のイメージのような作業が必要です。
figure
スプーンのような平らなものでへこみを押し上げるのではなく、点で押し上げることで鉄板を縮ませていきます。
鉄板をギザギザさせていきます。ただ、表面には塗装の厚みがあるので表面がギザギザすることはありません。
しかし、激しく伸びてしまったへこみは、塗装肌をあわせながらリペアしていくと縮ませきれずに、蚊に刺されてしまったようにふんわりと出っ張りとなります。
簡単に言えば、表面の塗装肌は多少崩れてしまいますが、そこまですれば限界を超えたものもさらに絞り込むことが可能ということです。しかし確実に違和感は残ります。

今回のへこみに関しては鉄板も塗装も分厚い欧州車なので、きれいに修復することができると判断して修理させて頂きました。
国産車では歪みが残るか、塗装肌を荒らして納めるかという状態になるかと思いますのでお勧めはできません。


修理後です。
ドア上部から見ていきます。
磨きを入れても一部深い傷が残りました。
鉄板の歪みはしっかりと取れていますので、探さないと傷は見つかることはないと思います。
fld11

線がしっかりと揃っていますね。
fld12

ドア下部がこちら。
激しく突き出した状態を戻すのに時間がかかりましたが、きれいに元通りです。
fld08

写り込んでいる線がきれいですね。
fld09

ボルボのオーナー様ご依頼誠にありがとうございました。
fld14

トラストデント千葉佐倉店
http://www.tdg-sakura.com/
千葉県佐倉市下志津原97
043-489-9159
ディーラー様等への出張作業で外出していることが多い為、ご来店の際は事前にご連絡ください。

スズキ ジムニー フェンダーのプレスラインのデントリペア 千葉佐倉より

お車のへこみ修理のデントリペアは当店にお任せください。

デントリペア修理事例は スズキ ジムニー です。

【写真をクリックするとアップになります】
ピカピカのとてもきれいなお車でした。オーナー様の愛着を感じます。
rff1

へこみは右側のフロントフェンダーのプレスライン上にありました。
黒いボディにはハッキリと景色が映り込みますので、へこみも非常に目立ちます。
rff2

プレスラインが潰れてしまっています。
この程度のへこみであれば短時間の作業です。
rff3

リフレクターボードでも見てみます。
へこみの上部にもゆがみが広がっていることが確認できます。
線の間隔が細くなっているのがわかりますか?
rff4

今回はフロントフェンダーの修理なので、タイヤ上部についている黒い樹脂製のカバーを外しての作業となります。

軽自動車全般に言えることですが、普通車に比べて鉄板が薄くできています。
薄い鉄板の方が作業の難易度はぐっと上がります。
小さなへこみでも鉄板が伸びてしまっているからです。
しっかりと鉄板を絞り込みゆがみをきれいに取りきるのは技術が必要です。
もちろん物理的な限界を超えてしまったものに関しては修理は不可です。

修理後です。
景色を映しこみ仕上がりの確認をします。
もちろん映り込みに違和感はありません。
rff6

次にアップで確認してみます。
塗装肌に違和感がないことを確認します。
rff5

最後にリフレクターボードで最終確認です。
しっかりと線が揃っていることを確認し、フェンダー内部のカバーを元通りに取り付けて作業終了です。
rff7

ジムニーのお客様ご来店ご依頼本当にありがとうございました。

トラストデント千葉佐倉店
http://www.tdg-sakura.com/
千葉県佐倉市下志津原97
043-489-9159
ディーラー様等への出張作業で外出していることが多い為、ご来店の際は事前にご連絡ください。

BMW ミニクーパーS 左リアフェンダーのへこみのデントリペア 千葉市花見川区より

お車のへこみ修理のデントリペアは当店にお任せください。

デントリペア修理事例は BMW F56 ミニ クーパーS です。

【写真をクリックするとアップになります】
おしゃれなミニクーパー。特徴的なデザインが素敵ですね!
minilq1

へこみは左クォーターパネルの前の方にありました。
ミニはクォーターパネルがへこんでいることが多いですね。
裏側からへこみを押し上げるには内装の内貼りの脱着が必須です。
ミニは内張りの作りが変わっており脱着にコツがあります。
クラブマンについても同様です。
minilq6

ぐりっと押し込まれているへこみですね。
浅い緩やかなへこみとは違い鉄板が伸びています。
しっかりと絞り込まなければ確実にゆがみが残ります。
minilq2

へこみ確認専用のリフレクターボードでも確認します。
minilq3

修理後です。
景色を映しこんでの確認です。
深い傷が残っている部分が元のへこみの場所です。
ゆがみをしっかりと除去し、塗装肌をあわせることで、傷の場所はほぼ目立たなくなります。
minilq4

リフレクターボードでも確認します。
違和感がないことを確認して作業完了です。
minilq5

ミニのお客様誠にありがとうございました。

トラストデント千葉佐倉店
http://www.tdg-sakura.com/
千葉県佐倉市下志津原97
043-489-9159
ディーラー様等への出張作業で外出していることが多い為、ご来店の際は事前にご連絡ください。

トヨタ ヴォクシー 屋根(ルーフ)のへこみのデントリペア 千葉市稲毛区より

お車のへこみ修理のデントリペアは当店にお任せください。

デントリペア修理事例は トヨタ ヴォクシー です。

【写真をクリックするとアップになります】
ピカピカのお車。
黒をきれいに維持されている方はホントにお車が大好きな方ですね。
70voxyroof1

今回のへこみは屋根中央部あたりにありました。
助手席側の2列目のシートの上らへんですね。
遠くから見てもわかるへこみです。
70voxyroof6

傷を伴っている形がくっきりとしているへこみです。
このような形状のへこみは、表から引っ張り出すプーリングには適していません。
へこみを裏から押すには、天井の内貼りの脱着が必須となります。
70voxyroof2

リフレクターボードでも確認します。
景色だけでは見落としがちな小さなへこみが手前にもあることが分かります。
70voxyroof3

では天井の内貼りを外していきます。

修理後です。
まずは景色で確認していきます。
傷があるので元のへこみの位置がわかりやすいですが、写り込んでいる景色に違和感はありません。
小さくてもくっきりとしたへこみの場合、鉄板が伸びています。
最終的な鉄板のゆがみを取りきるには絞り込むことが必要です。
70voxyroof4

リフレクターボードで確認します。
元のへこみの場所の傷が白くなっている場所です。
写り込んでいる線がしっかりと揃っていることがわかりますね。
へこみがなくなれば傷は探さなければわからない程度です。
70voxyroof5

ヴォクシーのお客様本当にありがとうございました。

トラストデント千葉佐倉店
http://www.tdg-sakura.com/
千葉県佐倉市下志津原97
043-489-9159
ディーラー様等への出張作業で外出していることが多い為、ご来店の際は事前にご連絡ください。
カードご利用できます
以下のクレジットカードがご利用可能です
クレジットカードも使えます
ディーラー様からの声
大規模雹害災害時のものです
個人のお店は技術が不安で…という方必見です!!
トヨペットさん、ホンダさんからのコメント紹介です。ページ後半にありますのでスクロールしてください!!
もっと施工例が見たい♪
このBlog Topへ
ヘコミ修理はお任せ!千葉県千葉市のデントリペア専門店の写真
TDG-Headquarters
トラストデント本部の写真
TDG-Kamagaya-修復例
トラストデント千葉鎌ヶ谷店の写真
TDG-Utsunomiya-修復例
トラストデント栃木宇都宮店の写真
TDG-Okayama-修復例
トラストデント岡山店の写真
リペア日記
携帯用サイトはこちら
QRコード