デントリペアでヘコミ修理 トラストデント千葉佐倉店

車のへこみ修理の【デントリペア】をしています。 新車時の最高品質の塗装を残したままヘコミ修理ができるのがデントリペアの最大の利点です。さらに料金もリーズナブル! 気になるヘコミは板金塗装する前にご相談ください。 当店へは千葉北または四街道インターから約5キロです。

トヨタ ハリアー ドアのプレスラインのデントリペア

お車のへこみ修理のデントリペアは当店にお任せください。

デントリペア修理事例は トヨタ ハリアー です。

【写真をクリックするとアップになります】
非常に状態良く維持されていてオーナー様の愛着を感じました。
harrierfdoor1

へこみは運転席のドアのありました。
乗り降りの度に目に入ってしまうパネルなので気になりますよね。
harrierfdoor2

へこみはプレスラインに若干掛かっているへこみです。
小さいのですがちょっと鋭いへこみ方です。
が、それよりも問題なのは場所です・・・。
窓の直下はどのお車でも、ひじょーーにツールアクセスが悪いです。
harrierfdoor3

リフレクターボードでも確認します。
うずまきで鉄板の異変が一目瞭然です。
harrierfdoor4

さてさて。この場所のヘコミは毎回苦労します。
ドア上部にフレームが窓に沿って前から後ろまで入っている為です。
あと10cm下にへこみがあれば・・・と、思ってしまいます。
運よく隙間からサクッとツールが入ることもありますが、稀です(笑)
結局、今回も試行錯誤の上、やはりガラスを外します。
急がば回れとはまさにこのことですね。

施工後です。
景色での確認です。
なめらかなRのついているデザインがきれいに元通りです。
harrierfdoor5

リフレクターボードでラインが揃っていることを確認します。
harrierfdoor6

へこみの修理が完了したら、
窓ガラスを元に戻し、動作確認をしてから作業終了です。
へこみ修理より窓ガラスの脱着のほうが時間かかってます(笑)
でもガラス外さないとへこみも直りませんからね。
他のお店でツールが入らないからと断られてしまった場合も諦めずにご相談ください。

ハリアーのお客様ご来店本当にありがとうございました。

トラストデント千葉佐倉店
http://www.tdg-sakura.com/
千葉県佐倉市下志津原97
043-489-9159
ディーラー様等への出張作業で外出していることが多い為、ご来店の際は事前にご連絡ください。

ワーゲン トゥーラン ドアのデントリペア その2

前回のリアゲート編からの続きです。
今回は右フロントドアの修理です。

デントリペア修理事例は フォルクスワーゲン トゥーラン です。

【写真をクリックするとアップになります】
右フロントドアの上部、一番後ろ寄りにヘコミです。
窓のすぐ下のこの場所は・・・。非常にやっかいです。
どのお車でも窓ガラスに沿って補強材が入っています。
リペアツールのアクセスが非常に難しい場所です。
touranb08

小さいのですが、鋭いへこみは黒いボディに非常に目立ちます。
touranb09

リフレクターボードでも確認します。
touranb10

鋭いへこみはシャープデントと呼ばれるのですが、施工者にとって一番難しいんです。
一点集中でへこんでいるために鉄板が部分的に伸びてしまいます。
この伸びをどう散らして、元のパネルの形にしていくのかが腕の見せ所となります。
適切な方法で修理しないと塗装肌が荒れてしまったり、鉄板のゆがみをとり除く事が出来なくなります。

施工後です。
景色での確認です。
touranb11

次にリフレクターボードでも確認します。
touranb12

景色のうつり込みも、ボードの線も揃っていることを確認して作業完了です。
今回の作業はへこみ修理より、内張り~ガラス等の脱着に時間がかかりました。
輸入車は国産車より構造が特殊な事が多いです。

リアゲートとご一緒に作業させて頂き、ワーゲンのお客様本当にありがとうございました

今回の様なシャープデントの修理は息をするのを忘れるぐらい繊細な作業です。
お客様の笑顔が見れた時はホントによかったなぁとつくづく思います。
数あるお店の中から当店を信頼しご来店して頂き、愛車を託され、へこみを完璧に無かったことにする。
当店はご期待に応えられるよう常に全力で取り組んでいます。

トラストデント千葉佐倉店
http://www.tdg-sakura.com/
千葉県佐倉市下志津原97
043-489-9159
ディーラー様等への出張作業で外出していることが多い為、ご来店の際は事前にご連絡ください。

ワーゲン トゥーラン リアゲートのプレスラインのデントリペア その1

お車のへこみ修理のデントリペアは当店にお任せください。

デントリペア修理事例は フォルクスワーゲン トゥーラン です。

【写真をクリックするとアップになります】
当店で輸入車の修理で1番多いのがワーゲンです。
特にゴルフは毎月数台は修理しています。
今回はちょっと珍しいトゥーランでした。
touranb01

へこみはリアゲートにありました。
プレスラインをまたいでガッツリ潰れてます。
よく見るとかなり下の方まで歪んでいるのが分かりますか?
touranb02

アップで見ると出っ張っているところがあります。
へこんだときに補強材に干渉し、飛び出してしまったんですね。
touranb03

リフレクターボードでも見てみます。
衝撃点はかなり深いですね。
touranb04

今回の様なヘコミは国産車では修理不可でしょう。
実際リアゲート損傷で当店にご相談されるお車の大半が修理できません。
バックしながら車の車重が掛かるため鉄板が伸びてしまうんですね。
鉄板が伸びきるとゆがみを完全に除去できず、違和感が残ってしまいます。
ワーゲンならきっちり修理可能と判断し作業させて頂きました。

施工後です。
まずは景色で確認します。
プレスラインが復元され、景色のうつり込みがきれいです。
touranb05

リフレクターボードでも確認します。
線もビシッと揃いました。
touranb06

大きなヘコミの場合は遠目に見て全体のバランスを確認することが重要です。
新車時からのゆがみを見て左右を違和感なく仕上げていきます。
touranb07

デントリペアで何事もなかったかのように元通りになりましたね。
黒いボディへのうつり込みも全く違和感はありません。
幸い傷も残らずへこみの痕跡はプロが見てもわかりません。

今回は大きなヘコミでしたがもちろん通常でしたら交換修理となります。
交換となれば費用は20万円以上でしょう。
非常に価値のある修理となったかと思います。

当店へのご依頼誠にありがとうございました。

トラストデント千葉佐倉店
http://www.tdg-sakura.com/
千葉県佐倉市下志津原97
043-489-9159
ディーラー様等への出張作業で外出していることが多い為、ご来店の際は事前にご連絡ください。

トヨタ ハリアー フロントフェンダーのデントリペア

お車のへこみ修理のデントリペアは当店にお任せください。

デントリペア修理事例は トヨタ ハリアー です。

【写真をクリックするとアップになります】
新車のハリアー。黒いボディが輝いています。
harrierhyff1

ハリアーのヘコミは左のフロントフェンダーにありました。
harrierhyff2

これは強烈なへこみです。
プレスラインが押しつぶされてひっくり返ってしまっています。
harrierhyff3

リフレクターボードでも見てみます。
へこみの上の方から、パネルの縁の方までひずみが出ています。
harrierhyff4

ポールに巻きこんでしまったとのことでの損傷です。
幸いポールにスポンジを巻いてあったそうで傷がほとんど無い状態です。
走行しながらできたヘコミは車重が掛かる為に鉄板が伸びていて修理できないケースが多いです。
今回はハリアーの鉄板なら修理可能と判断しました。

施工後です。
景色で確認します。
プレスラインもしっかりと復元完了。
黒いボディへのうつり込みもバッチリですね!
harrierhyff5

ボードでも確認します。
線がしっかりと揃っていますね。
harrierhyff6

そのへこみ無かったことになりました。
きっちり修理完了です。
立体的なデザインのお車は景色のうつり込みが複雑なのでゆがみも見つけにくいです。
リフレクターボードを使用することで誤魔化すことなく仕上がりの確認が可能です。

ハリアーのお客様ご来店誠にありがとうございました。

ご相談お見積もりはお気軽にご連絡ください。

トラストデント千葉佐倉店
http://www.tdg-sakura.com/
千葉県佐倉市下志津原97
043-489-9159
ディーラー様等への出張作業で外出していることが多い為、急なご来店の際はご連絡ください。

BMW 1シリーズF20 屋根(ルーフ)のデントリペア

お車のへこみ修理のデントリペアは当店にお任せください。

デントリペア修理事例は BMW F20 1シリーズ です。

【写真をクリックするとアップになります】
ピカピカのF20。やっぱりBMWはかっこいいです!
デザインの素晴らしさは国産車にないものがありますね~
F20r1

そんなBMWのへこみは・・・。
ルーフパネルにありました。
F20r2

むむ。
くっきりとした線状のへこみ。
F20r3

リフレクターボードで見てみると。
バッしと横長にへこみが広がっていることが確認できます。
F20r4

ルーフのへこみ修理となると、
通常はルーフライニングと言われる天井の内張りを外して作業するのが基本です。
しかし、この脱着作業が非常に時間と手間がかかるため費用もかさみます。
幸い今回のヘコミはルーフライニングを外さずに、
表から引っ張りだす『プーリング』で修理できると判断し作業を行います。

ただ実際は脱着作業が必須なケースが多いです。
芯があるへこみや、パネルが非常に薄い、塗装の状況等、裏から押すことが必要です。

施工後です。
まずは景色で確認します。
うつり込む景色はうそをつきません。
ゆがみをしっかりと除去できなければ景色はゆがんでうつります。
F20r6

リフレクターボードでも確認します。
しっかりと違和感なく線が揃っていることを確かめます。
F20r5

ルーフパネルには新車時からのパネルのゆがみも多く存在します。
元からのゆがみを左右を見比べながら違和感なく仕上げていき作業完了です。

BMWのお客様いつもありがとうございます。
いつもお車のお話楽しく聞かせてもらっています。

ご相談お見積もりはお気軽にご連絡ください。

トラストデント千葉佐倉店
http://www.tdg-sakura.com/
千葉県佐倉市下志津原97
043-489-9159
ディーラー様等への出張作業で外出していることが多い為、急なご来店の際はご連絡ください。
カードご利用できます
クレジットカードも使えます
ディーラー様からの声
大規模雹害災害時のものです
個人のお店は技術が不安で…という方必見です!!
トヨペットさん、ホンダさんからのコメント紹介です。ページ後半にありますのでスクロールしてください!!
もっと施工例が見たい♪
このBlog Topへ
ヘコミ修理はお任せ!千葉県千葉市のデントリペア専門店の写真
TDG-Headquarters
トラストデント本部の写真
TDG-Utsunomiya-修復例
トラストデント栃木宇都宮店の写真
TDG-Okayama-修復例
トラストデント岡山店の写真
リペア日記
携帯用サイトはこちら
QRコード